外来のご案内

検査機器の紹介

トップ → 外来のご案内 → 検査機器の紹介

放射線技術科で使用している機器と、その性能をご紹介します。

一般撮影

一般撮影

X線を用いて、胸部、腹部、四肢など全身の撮影をします。架台にマットを装着したことで撮影時の苦痛を軽減しています。最新の画像処理装置(フラットパネル)を使用し、デジタル画像を提供しています。

64列マルチスライスCT

64列マルチスライスCT

最新の64列マルチスライスCTを導入し、短時間で広範囲のより精密な検査が可能になりました。心臓の冠動脈や脳血管、骨などの3次元画像作成により、従来のCTにくらべより検査精度が向上いたしました。

MRI

MRI

強力な磁石を使って、脳、血管、肝臓、胆のう、膵臓、関節など体内のあらゆる部分の断面像を鮮明に撮ることができます。当院のMRI装置は、非常に強力な磁石(1.5テスラ)でありながら広い空間のとれる装置です。

血管造影撮影

血管造影撮影

腕や足の動脈からカテーテルという管を入れ、造影剤を使用して心臓、腹部、下肢などの血管形態や血流状態を観察し診断、治療を行います。心臓カテーテル検査では、細くなった血管を風船で広げたり、ステントを入れる治療も可能です。

X線TV装置 2台

X線TV装置01

X線TV装置02

X線の透視像をテレビで観察し検査、治療します。胃部X線検査や大腸造影(注腸)、逆行性膵胆管造影、経皮的経肝的胆道ドレナージ、関節造影・動態検査、脊髄造影、尿管膀胱造影などの検査、治療を行っています。

マンモグラフィ

マンモグラフィ

最新の乳房撮影専用装置(フラットパネル)を用いて乳腺組織や細かな病変を撮影し乳がんの早期発見に役立ちます。生検には乳房内を描出した状態で組織を採る(ステレオガイト下マンモトーム)精密検査を行っています。

骨塩測定装置

骨塩測定装置

骨の中のカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分がどれくらいあるのかを測定し、骨粗鬆症診断や治療の経過観察をします。当院ではエネルギーレベルが違う2種類のX線を用いたデキサ法で、腰椎・大腿骨及び前腕骨を測定します。

手術用X線装置

手術中の透視撮影を行います。

病棟用X線装置(ポータブル)2台

病室での撮影に使用します。

超音波装置

健診での腹部超音波検査に使用します。