看護部

トップ → 看護部

看護部の理念

市民の健康ニーズに応え、
看護の心を持ち、
安全で安心な看護・介護の実践を行い、
地域に貢献していきます。

看護部の理念

基本方針

  1. 当院の使命を認識し、責任と自覚を持ちます。
  2. 他職種との連携を密にし、チーム医療の推進を図ります。
  3. 看護師・介護士として専門性の高い職務を遂行します。
  4. 積極的に、健全な病院経営に参画します。

総看護師長ごあいさつ

総看護師長 尾崎真代

総看護師長 高橋和恵

超高齢化社会を見据え、医療現場は病院完結型から地域完結型へと、病院の地域における役割も変わってきています。当院は、急性期、回復期(地域包括病床も含む)慢性期の医療療養病棟と合わせて122床の中小病院です。病院内には、地域包括支援センター、在宅医療課、訪問看護ステーションも併設しており、外来から入院そして在宅へと、住み慣れた街で暮らす患者さんその家族を支えるために、私たち看護師は心のこもった看護に全力を注いています。
また、働きたい病院になるために、誰もがやりがいや充実感を得ながら子育てや家庭、地域、自己啓発等、仕事と生活の双方の調和がとれるよう、ワークライフバランスに配慮した働き方を推奨します。
私たちが目指すのは、どこまでも市民のニーズに応え、市民の生活に寄り添う看護の提供です。そして、誰に対しても思いやりのある看護、生き生きと働き続けられる職場を目指したいと思います。

看護部について

一般病床68床、医療型療養病床54床に加え、訪問看護ステーション、在宅介護支援センターを併設する中小規模病院です。高齢社会に臨むみよし市の急性期から在宅医療までの機能を有することで、市民のニーズに応える、地域に根ざしたケアミックスの病院です。
看護職の多くは既婚者であり、豊かな経験を基に「この病院に、またこの看護師さんに出会えてよかった」と思っていただける、心のこもった看護が提供できる看護師集団を目指しています。

看護部について01

看護部について02

看護部について03