当院について

ごあいさつ

トップ → 当院について → ごあいさつ

事業管理者ごあいさつ

事業管理者 成瀬 達

事業管理者 成瀬 達

みよし市民病院は、みなさんに良い医療を安全に提供するために、日々、努力しています。病院事業管理者の仕事は、病院の職員がその能力を最大限、発揮できるように病院の機能を整備することです。医療は絶えず進歩しており、病院も医療の進歩を取り入れて、改革していく必要があります。院長がとりまとめた病院を良くするプランを、市民のみなさんに説明して、理解していただくことが私の仕事です。同時に、みなさんの声を病院に伝えて、病院の運営を改善することも大事です。病院の玄関や病棟にある「ご意見箱」に、遠慮なくご提言を寄せてください。

良い医療を提供するためには、良い医師と看護師が必要です。平成26年に「医療介護総合確保推進法」が成立しましたが、医師や看護師が足らない状況は簡単には解決しません。当院でも綱渡りの状況が続いています。大学から応援の医師に来ていただいていますが、学会などで休診になることもあります。どうぞご理解ください。

平均寿命は男女とも80歳を越え、人生90年の時代になりました。健康に老いる人も増えており、定年イコール引退ではなくなりました。自分のやりたい事を、やれる時を選んで、働き続けるという選択肢も生まれてきました。一方、高齢化と共に、認知症になる人の割合が増えており、85歳以上の4人に1人が認知症であるとされています。未来の医学はこの問題にも答えを見つけてくれるでしょう。それまでは、健康によい生活習慣を実践し、高血圧や糖尿病などの慢性疾患をうまく管理して、不健康な期間を短くする努力が必要です。市民病院の医師、看護師、理学療法士、管理栄養士のチームが、健診の時や、地域に出向いて健康寿命を延ばす方法を伝授しています。是非ご活用ください。

病気になった時、どんな医療が要るか?同じ病気でも、みなさんの年齢や人生観、その時の身体能力や認知能、支える家族の状況により、答えは一人、一人、違います。年をとると、病院での治療が終われば、すぐに日常生活に戻れるとは限りません。市民病院には命を救う急性期病床、回復期のリハビリテーションを行う地域包括ケア病床、慢性期の医療とリハビリテーションを行う療養病床があります。安心して自宅に戻れるように、地域連携室・医療相談室の保健師と社会福祉士がみなさんのご希望を伺い、退院の支援を行います。今年から「みなよし地区地域包括支援センター」が院内に併設され、退院後の介護サービスなど、自宅での生活を支援する体制も整いました。通院が困難な場合には、在宅医療科と併設のみよし市訪問看護ステーションによる訪問診療と看護を受けることが可能です。みなさんが住み慣れた家で、人生の最後まで安心して暮らせるように、職員一同、努力しています。ご支援をお願いします。

院長ごあいさつ

院長 伊藤 治

院長 伊藤 治

地域の皆様におかれましては日頃より市民病院事業にご理解、ご協力を受け賜り厚く御礼申し上げます。

現在日本では世界でも類を見ない勢いで高齢化が進んでいます。比較的若い世帯が多い当地域(豊田市・みよし市)でも2013年37,000人だった後期高齢者(75歳以上の方)が2025年には59,000人、人口の14.2%になると予測されています。国は財政が厳しい中、現在の医療制度では増加する高齢者を支えることが困難なため、特に在宅医療と介護に力を入れた『地域包括ケアシステム』を各地域に構築させてこれに対応しようとしています。また『地域医療構想』という考え方を定め、地域ごとの病院整備を計画しています。この『地域医療構想』とは病院のベット(病床)を「急性期」「回復期」「慢性期」と区分けして、その区分けごとに地域の人口動態予測から必要病床数を決めて地域内の病院間で調整させるというものです。今後高齢者が増える地域では必要病床数も増えるはずですが、この構想ではこれを「在宅医療」でカバーして病床数を増やさない考えです。従ってこの構想の成功を左右するのは「在宅医療」を安心して受けられる制度ができるかどうかが鍵と思われます。みよし市民病院では平成13年の新築移転の際、当時の院長が高齢化社会の到来に伴い必ず増加するであろう経済的・社会的医療弱者にも対応することが自治体病院の使命であると考え、この県内最小の自治体病院に慢性期病床をつくると同時に訪問看護ステーションを併設し在宅医療を開始、現在も積極的に取り組んでいます。また平成29年4月からは病院内に訪問看護ステーションとともに「地域包括支援センター」を併設し、院内で医療・介護・福祉の相談を受けられるようになりました。今後はこれらの部署と院内の連携を密にして医療・介護問題でお悩みの方が「とりあえずみよし市民病院に行けば何とかなる」と思って頂けるような病院にしたいと思っています。

また2016年から地域連携・医療相談室にMSW職員を配置しました。MSW職員は「病院⇔病院」間や「病院⇔介護施設、訪問看護」間を結ぶ強いパイプを持つことで、患者さん一人一人の社会的・経済的状況、その他あらゆるバックグランドを考慮して、その人に最適な医療・生活環境を提供する方法を考えます。安全・安心な医療の提供はもちろんのことですが、このMSWや地域包括支援センターと力を合わせることで地域の皆様が医療や介護が必要になっても安心して日々の生活を送れるように職員一同、一丸となって努めていきたいと思います。何卒、市民の皆様のご支援とご協力を頂きますようお願い申し上げます。